メイク

30代の透明感の作り方。くすみ飛ばしケアでナチュラルメイクを満喫しよう!

30代はメイクのターニングポイント!ぜひナチュラルメイクにシフトを……!

突然ですが、あなたのメイクは20代から変化していますか?実は30代になってメイクを変えている方はあまり多くいません。

20代の頃からしているメイクも素敵なのですが、30代の良さを引き出すのは透明感のあるナチュラルメイク。丁寧に手入れされたツヤツヤ肌・品の良いポイントメイクを携えた30代のナチュラルメイクには、20代には醸し出せない「大人の魅力」が漂っています

それに、30代以降のバッチリメイクは、やり方によっては「若作り」「古臭い」印象も与えかねません。これも30代にナチュラルメイクをおすすめしたい理由のひとつ。そのようなメイクを楽しむ日もあってもいいけれど、勝負メイクはぜひツヤツヤ・ウルウルの、やりすぎないナチュラルメイクを目指しましょう。

なお、20代の頃からナチュラルメイクをしているという方も、メイクの変えどきです。なぜなら30代からのナチュラルメイクには、20代とは違い「きちんと感」が求められるからです。

そこで今回は、30代からのナチュラルメイクを200%満喫するための、スキンケアとメイクアップ術をご提案します。

 

メイクがどんどん濃く・ナチュラルから離れる原因!それは、まさかの「くすみ」!?

ナチュラルメイクのキモは、言うまでもなく「素肌の美しさ」。素肌がきれいだと、足し算メイクでカバーしないといけないポイントが少ないので、ナチュラルメイクが自然と似合うようになります。

そんな美しい素肌の大敵がくすみ!くすんでいるとベースメイクが濃くなり、肌色を明るく見せるためにチークも濃いめになり、それの濃さに合わせてシャドウを重ねるようになり……「気がつけばバッチリメイクに仕上がっている!」なんてことも。

だからこそ30代のナチュラルメイクの第一歩として、「くすみ撃退」を目標に掲げてみてください。「あまりくすみは感じていない」という女性も、一度、自分がくすんでいるのではないかを疑って。20代の頃のお肌を忘れて、鏡の前で今の自分と向き合ってみると、お肌がくすんでいる現実に気がつくケースもあります。

 

あなたはどのタイプ?30代、肌がくすむ4つの原因!

肌のくすみの原因は、大きく以下の4つに分けられます。どのタイプに当てはまるかチェックしてみましょう。

①肌がカサカサ・夕方になると灰色に沈む ➔ 乾燥が原因のくすみ
肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下してターンオーバーサイクルが乱れやすくなります。その結果、本来はアカとして剝がれ落ちるべき不要な角質が肌表面に溜まり、ごわつきやくすみの原因になります。

②顔色が青白い・血色感が無い ➔ 血行不良が原因のくすみ
血行が悪いと、顔色が青白くなり血色感がとぼしく見えます。また、肌のターンオーバーが不安定になり、ごわつきや肌荒れを招くことも。目の下に青いクマができやすい人は、このタイプかもしれません。

③紫外線対策を怠っている・シミが気になる ➔ メラニンが原因のくすみ
UV対策が不十分で紫外線ダメージを受けていると、メラニンが過剰に生成されくすみの原因に。くすみと同時にシミやシワが気になっている人も、このタイプに多いといえます。

④黄色くくすむ・肌のごわつきが気になる ➔ 糖化が原因のくすみ
肌のタンパク質と糖分が結びつくと、糖化という現象が起き、黄ぐすみ・茶ぐすみが出やすくなります。この原因は糖分の過剰摂取など。甘いものをよく食べる人は注意が必要です。

 

30代は「乾燥くすみ」が多発!くすみを防ぐ保湿ケアのポイント4つ

実は30代の女性に最も多いのは、乾燥によるくすみ。血行不良やメラニン・糖化によってくすんでいる場合でも乾燥ぐすみを併発していることが多いのです。そこでまずは、乾燥を改善するための保湿ケアを徹底するのがくすみの無いお肌への近道です。

①クレンジングは短時間で済ます
メイクをしっかり落とそうと、クレンジングをお肌に長時間乗せているのはNG。お肌にとって刺激になったり、必要以上にお肌の皮脂や水分を奪ったりしてしまうおそれがあります。クレンジングはできるだけ短時間でサッと落とせるものをチョイスして。かといって洗浄力の強すぎるものは肌負担が大きい可能性もあるので、できれば美容部員さんなどの専門家に相談して選びましょう。

②ブースターにチャレンジ
クレンジング・洗顔後は、化粧水でお肌を潤したいところ……なのですが、お肌の乾燥がひどいと、化粧水がお肌になかなか入っていかないことがあります。そんなときに取り入れてみたいのがブースター・導入液などと呼ばれるアイテム。洗顔後のお肌につけると、化粧水がお肌に入りやすい状態に導いてくれます。

③必ず油分を含むクリームでフタを
30代以降のお肌は、皮脂の分泌量が少なくなりがち。お肌を守る皮脂膜がきちんと形成されず、水分を保持できなくなり、乾燥を招いてしまいます。化粧水の後は、乳液やクリーム・オイルなど油分を含むアイテムを重ねましょう。

 

④シートパックは規定の時間を守る
シートパックは、保湿ケアにはぴったりのアイテム。しかし、ひとつ注意点が。シートパックは長くしたほうがお肌に成分が浸透しそうと思ってしまいがちですが、むやみに長時間お肌に乗せるのはNG。パックの水分蒸発とともにお肌の水分も奪われてしまうおそれが。規定の時間を守って使うようにしましょう。

まとめ

①クレンジングは「やりすぎない」
②肌状態に合わせてブースターを活用する
③必ず油分で蓋をする
④シートパックは使用時間を厳守

 

+@毛穴ケアで、深層からあふれ出るような透明感を!

お肌のくすみを助長する要因として、毛穴の詰まりや黒ずみもあります。そこで定期的に毛穴ケアをしっかりして、毛穴に透明感を出しましょう。素肌がより透き通ったきれいな印象になります!

ただし、自己流の毛穴ケアはあまりおすすめできません。よくある毛穴パックや毛穴から皮脂を押し出すアイテムは、よけいに毛穴を拡げて皮脂が詰まりやすい状態をつくってしまうことも。

そこでおすすめなのが、毛穴ケア専門の美容サロン。まだ店舗数は多くないのですが、お近くにサロンがあればぜひ体験してみてください。くすみが解消され、より美しく格上げされたお肌に出会うことができます。

例えば、サロン『APPLEIGE』は「毛穴が変わると素肌が変わる」をコンセプトに、毛穴ケア専門技術「エクストラクション」の施術を行っています。毛穴の奥に溜まった皮脂や老廃物を除去し、肌の内側から透明感があふれ出るようなお肌を目指したい方におすすめです。

 

きちんと感のあるナチュラルメイクのポイントは「眉」

と、ここまでナチュラルメイクを推奨してきましたが、ナチュラルメイクにも難しい点があります。それは「手抜きに見られやすい」というところ。全体的にいつもより“薄くなる”ので、「あれ、すっぴん?」なんて言われてしまうことも。そこでポイントとなるのが「眉毛」です。

眉をきちんと整えてきれいに描くと、ナチュラルメイクでも手抜きに見えなくなるのです。一度すっぴんの顔に、眉毛だけを書いてみてください。一気に顔の印象が「きちんと」することがわかるかと思います。30代のナチュラルメイクにはくすみの無いツヤスベ肌と、このスッピンとは違う「きちんと感」が大切なのです。

関連記事:「【メイクの基本】眉がキマれば顔がキマる! 今一度確認したい、眉メイクの作り方」

 

キーポイントになるからこそ、30代からは眉メイクに気合を入れてほしいところなのですが、素敵な眉毛をセルフメイキングするのはそれなりの技術が必要です。

そこでおすすめしたいのが、専門サロンでのケア。専門サロンなら一人ひとりの骨格や輪郭にあった、顔立ちの良さを最も活かす眉メイクが叶います。例えばアイブロウ専門サロン『ANASTASIA』は、足し算を極力抑えたナチュラルメイクに似合う眉毛も提案してもらえます。

美しい30代を過ごすために、専門家に相談をして、ナチュラルメイクの決まる眉毛を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

①30代になったらナチュラルメイクにシフト!
②まずは乾燥対策でくすみを撃退!
③毛穴ケアで内側からの透明感をゲット!
④眉毛を整えて、ナチュラルメイクをキメにいく!

編集:小嶋悠香(らんだ)

LINE 友だち
追加はこちら

予約状況・キャンペーン情報などお得な情報をお届けします。

  • 神戸店

    友だち追加

  • 横浜店

    友だち追加

ピックアップ

  • メイク

    【メイクの基本】眉がキマれば顔がキマる! 今一度確認したい、眉メイクの作り方

    MORE