メイク

【メイクの基本】眉がキマれば顔がキマる! 今一度確認したい、眉メイクの作り方

眉毛は“顔の額縁”。眉を変えれば、顔の印象はガラッと変わります。

しかし、“自分に本当に似合う眉”の形や、正しい眉の整え方をきちんと知っている人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、似合う眉の作り方の第一歩として、眉を整えるのに必要なアイテムや基本的な眉毛の整え方をご紹介します。眉がキマらなくて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

「骨格」を無視した眉毛はNG

“自分に合った眉”とはどのようなものなのでしょうか。それは、「自分の骨格に合った眉」です。骨格に合わせると、表情と連動して眉毛が動くので自然な印象になり、表情もイキイキとして見えます。
反対に、NGなのは骨格を無視してつくった眉。太めの平行眉や平行気味のアーチ眉などのトレンド眉に仕上げようとするあまり、骨格を無視した眉形になり、表情と眉の動きがともなわない人をよく見かけます。これでは表情がぎこちない印象になり、顔全体がのっぺりとした印象になってしまいます。

骨格に合った眉が骨格に合った眉を基本形として、そこからトレンドを取り入れたり、なりたい印象にあわせてアレンジしたりするのがおすすめです。

 

眉の基本形はこう決めよう!


一般的には、眉頭・眉山・眉尻、この3点をポイントとしてつくっていきます。

◎眉頭
眉頭は、小鼻の端と目頭の延長線上に合わせる。

◎眉山
眉を上に動かしたときに上がる部分に合わせる。

◎眉尻
小鼻の端と目尻の延長線上に合わせる。

この3点を基準に眉の形を決めると、表情の動きに合った自然な眉に仕上がります。

 

基本の眉の整え方・揃えておきたいアイテム

すっぴんで眉を整えるのはNG! 眉メイクをした状態で行って

眉毛を整える作業をお風呂上がりなどすっぴんのときにしているという方は多いかもしれません。
ですが、これはあまりおすすめしません。

一番失敗しにくく、仕上がりがキレイな方法は、

◎眉を整える3ステップ

①理想の眉をアイブロウペンシルやアイブロウパウダーで描く
②そのラインからはみ出た毛を処理していく
③メイクを落としてさらに気になる部分を処理する

すっぴん眉をいきなり整えるようとするのは、ガイドラインがない状態で絵を描くのと同じこと。当然失敗しやすくなります。必ず眉メイクをしてから整えることをおすすめします。

 

眉をきれいに整えるのに必要なアイテム5点

眉毛を整えるのに用意したいアイテムは以下の5つです。

◎眉を整えるための必須アイテム

・アイブロウブラシまたはスクリューブラシ
・眉コーム
・眉用はさみ
・眉用シェーバー
・普段使っているアイブロウペンシルやアイブロウパウダー

きれいな眉を整えるために、必要なアイテムの準備は必須。ドラッグストアや100円ショップで売っているものでも十分のですので、一通り揃えることをおすすめします。

 

いちばん簡単で失敗しにくい眉の整え方

それでは具体的に、眉の整え方をご紹介します。

◎眉の整え方
①眉の毛流れをアイブロウブラシやスクリューブラシで整える
②眉頭・眉山・眉尻を決め、アイブロウペンシルやアイブロウパウダーで眉を描く
③描いた眉からはみ出ている毛を根本からハサミでカット
④眉コームを使い、眉を斜め下方向にとかす。はみ出ている長い毛をカットし全体の長さを整える。
⑤メイクを落とす
⑥③でカットした短い毛やまわりの産毛をシェーバーで除去する

このような方法で眉を整えると、骨格に沿ったきれいな眉ラインを簡単につくることができます。

また、自分で難しい場合は眉サロンに行くのもおすすめです。
アイブロウトリートメントサロン「アナスタシア」では、「美を知る、美眉で変わる」をコンセプトに、一人ひとりの骨格や輪郭、顔立ちの美しさを最も活かす、あなただけの完璧な眉「パーフェクトアーチ」を提案しています。

顔立ちの良さを最も活かす眉をつくれば、メイクがもっと楽しくなるはずです。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――

ご自身の美の最大限を引き出すための“本当に似合う眉”を見つけてみてくださいね。

ライター:藤沢めぐり

編集:小嶋悠香

LINE 友だち
追加はこちら

予約状況・キャンペーン情報などお得な情報をお届けします。

  • 神戸店

    友だち追加

  • 横浜店

    友だち追加

ピックアップ

  • メイク

    30代の透明感の作り方。くすみ飛ばしケアでナチュラルメイクを満喫しよう!

    MORE